毎度おなじみの展開

f0097544_13185831.jpg
去年、よく見た展開でSharks負けました。

最後の15分間で2TRYを返上。
それまでは、競っているのですが・・・
最終スコアーは22-10

f0097544_13191557.jpgチーム力の差はSuper14のチームはさほどないんです。
だからこそ、経験。日頃の人間性・人間力が問われるんです。

去年よりは、若手が成長しているのでポジティブにとらえましょう。

(写真はRugby Heaven HPより引用)
[PR]
# by satoru_otsuka | 2008-03-31 13:20 | QLD Reds

エリア・トゥキリ

エリアのサンヨー入りが発表されましたね。

ご存知、Wallabies/Waratahsのロトゥ・トゥキリのいとこです。
身長は170cmちょっとで日本人が求める突破型の選手ではありません。

しかし、10番以降すべてのポジションが出来るので、重宝されることでしょう。

ダニエル・ヒーナンと同じGPSというクラブの選手です(RefのTaizo HirabayashiもGPS出身)。
きっとヒーナンが引っ張ったんでしょう。
そんなヒーナンは怪我でシーズン開幕に間に合うか微妙なところでしょうから、FWの選手を補強するかと思っていましたが、バツベイ弟のみみたいですね・・・。

話は変わってSevens。
今、世界一のSevens Festival香港セブンスが昨日から始まっています。
日本は予選3連敗で一番下のトーナメントのようですが・・・

RedsからWalksおじさんと」CB(Caleb Brown)がオーストラリア代表として参加しています。
f0097544_23185695.jpgWalksおじさんは34歳。普段は超ーいい加減ですが、やる時はやる男です。
全盛期に比べて、スピードは確かに落ちましたが、その分円熟味を増しています。きっとTV中継もあることでしょうから、是非注目してください。



f0097544_23191584.jpgそしてCB。Redsで一番面白い男です。
2006年にはAUS首相ⅹⅴとして、日本代表相手にとんでもない抜き方をしたので覚えている人もいるかもしれません。あの時は19歳。今、21歳です。
少し大人になったCBにも注目してあげてください。

(写真はReds HPより引用)
[PR]
# by satoru_otsuka | 2008-03-29 23:15 | ラグビー

引き分け

f0097544_1049387.jpg
書き込みが遅くなって申し訳ございません。

週末のLions戦です。

Boysは南アフリカへ行ってしまい、居残り組もクラブラグビーが始まり、そっちに帰ってしまっているので、自分の時間がたくさんあります。

結果は24-24の引き分けでした。

しかも、ラストワンプレイでLathoがTRYを返し、強引に引き分けに持ち込んだとか・・・。

後半の最後は必ず、足が止まってしまうReds!!
少し成長した姿を見せてくれました。

今週はSharks。
この南アフリカ遠征3試合を1勝1敗1引き分けで帰ってくれば、良い遠征だったといえるのでは・・・

なお、今シーズン初めて、2ndジャージの白を来て試合を行いました。
今年のは、昨年の体育着スタイルと違いちゃんと襟があります。

(写真はRugby Heaven HPより引用)
[PR]
# by satoru_otsuka | 2008-03-25 10:52 | QLD Reds

We smashed the Bulls

f0097544_9311990.jpg
昨年の覇者Bullsに40-8で勝ちました。
Redsに関わるようになって2年になりますが、一番気持ちの良い勝ち方でした。
久々の勝ち点5をGETです!!

f0097544_953726.jpg昨年と同じような流れがあった試合前、もちろんマスコミやBookメーカーの予想はReds不利でした。
試合前日にメンバー変更をしなくてはいけない状況など、決してRedsとってPossitiveな雰囲気があった訳ではありませんでした。

ChocのPGで先制し、一度追いつかれるもTRYで引き離し、さらにPGを2本決め13-3で前半終了。
Super14レベルになると10点差がつくと、精神的に余裕を持って試合をみていられる感じもあり、いつもよりもかなりPossitiveな支持・コミュニケーションがHalf Timeでは飛び交っていました。

そして後半、怒涛のTRYラッシュ。
かなり気分が良かったです。

みんな、相当気合入っていました。
TRYの後のガッツポーズが、今までの鬱憤を晴らすかのごとくド派手!!Chocに至っては、ビデオレフなのも関係なく、スタンドにボールを蹴りこんでいましたし・・・

ハラハラしないで良い、試合終盤って本当に素敵です。
若いチームなので、これで少し勢いにのってくれることでしょう。

それにしても勝ち試合と負け試合では、試合後のファンクションに来るスポンサー・ファン・関係者の数があまりに違いすぎます!!昨日は、盛りがった~!!

最高の形で、Boysは南アフリカへ向かいます。

(写真はCourier-Mail HPReds HPより引用)
[PR]
# by satoru_otsuka | 2008-03-16 09:45 | QLD Reds

Hux's playing career is over

以前、紹介したBrumbiesのJulian Huxleyですが、復帰に向けて専門医による診察と治療が行われていましたが、最終結論として引退という結論に至ったようです。

Huxは昨年、はじめてWallabiesに選ばれ、ちょうど今油がとっている状態でした。
まだ28歳・・・

一人の優秀な選手の選手生命が奪われた瞬間に立ち会ってしまった事が、残念でなりません。

詳しくはこちらをご覧ください(Rugby Heaven HP
[PR]
# by satoru_otsuka | 2008-03-16 08:01 | ラグビー

vs Bulls member

Bullsの試合前練習を見させてもらいました。

昨年のIRB最優秀選手のブライアン・ハバナは思いのほか大きいというのが印象です。
上半身が異様にデカイです。
身長もBoksの中にいると低いように見えますが、そんなに低くありません。
オフサイドタッチ(W-upでのボールゲーム)でのキレキレはやばかったです。まさにSharp!!

W-upの仕方などはRedsと考え方が少し違い、かなり参考になりました。
NZとAUSのチームは結構似通っていますが、南アフリカのチームは少し違うようです。

昨年の覇者Bullsに挑むRedsのメンバーはこちらです。
1. Greg Holmes 2.Sean Hardman 3. Dayna Edwards 4. Van Humphries 5. James Horwill 6. John Roe 7. Poutasi Luafutu8. Leroy Houston
9. Sam Cordingley (c) 10. Quade Cooper 11. Peter Hynes 12. Charlie Fetoai 13. Morgan Turinui 14. Clinton Schifcofske 15. Chris Latham

16. Stephen Moore 17. Rodney Blake 18. Ed O'Donoghue 19. David Croft 20. Ben Lucas 21. Brando Va'aulu 22. Scott Higginbotham
 
本当は、今日まで12番はBarnesyでした。
先週の試合での負傷が完治せず、ギリギリで出場を見送る事になってしまいました。

キャプテンがSammyに変わり、戦術もよりBKに重きを置きSpeedyなものに変えようとしていただけに、チームにとってかなり痛いです。

彼を試合に出してあげられない、悔しさを感じています。

Super14が始まってしまうと、次の試合に向けて選手を回復させるので手一杯というのも現状です。
トップリーグのトレーナーたちはどうしているのでしょう?かなり気になります。
[PR]
# by satoru_otsuka | 2008-03-14 20:21 | QLD Reds

居心地の良さ

たまにはラグビーを離れたいと思います。

週末、大学時代の友達たちが大学院卒業の卒業旅行ではるばるBNE及びGCに来てくれました。
目的はSuper14観戦、スキューバダイビング、ゴルフとてんこ盛りだった訳で・・・

同じ釜の飯ならぬ、同じゼミで共に勉強(特に卒論)に苦しんだ仲な訳で、いわば同士です。

いざ再会すれば、2年間の空白の時間なんてまったく感じず、物凄く居心地が良い訳なんです。
デカイオージービーフのステーキを食べながら、専門のアスレティックトレーニングについて意見を交わしてもまったく違和感がないんです。

もちろん、あほな話もたくさんしました。
カジノで負けもしました(たいした額ではないけど・・・)。

本当に最高なMateたちです。

日程的に、すごいバタバタ感があったけど、私もいっしょに卒業旅行をしている感覚になり、かなり楽しんでいました。
かなり有意義な気分転換になったことは、言うまでもありません。

あぁ、カメラ持ち歩いていたのに、私のカメラで1枚も撮ってない!!
この旅行の参加者だった人、写真送ってください!!
(誰かが送ってくれたら、写真もアップします)
[PR]
# by satoru_otsuka | 2008-03-13 22:53 | 日常生活(日記)

キャプテン変更

先週の土曜日のストーマーズ戦、まるで去年のチームと変わっていません。
前半は良い感じ、後半突き放される。

コレ以外、表現しようがありません。
(試合内容の記載は控えさせてもらいます)

完全に悪循環に陥っています。
ここから、どうにか脱出するしかありません。

私が出来る事を、精一杯やりますが・・・。

チームも変化のきっかけを作るために、動きました。
キャプテンがDr. John RoeからSam Cordinglyに変わりました。

昨日のMeetingで突然発表されて、誰しもが驚いた訳ですが・・・。
精神的な変化、刺激という意味では、良いかもしれません(結果がすべてです)。

Sammyも選手たちの投票によって選出されたリーダーシップグループの一人(その他はRoe,Crofty,Barnesy,Latho)なので、悪影響が見られることはないはずです。

今週のBulls戦のメンバーも結構変わる予定です(正式発表まで公開は出来ません→ごめんなさい)。
[PR]
# by satoru_otsuka | 2008-03-11 13:21 | QLD Reds

Week4 vs Stomers

これから、南アフリカ勢と5連戦です。
ここをどう乗り切るかで、今シーズンの勝敗が決まります。今週は現在最下位のストーマーズ。
ただ、ストマーズが負けているのはクルセイダースやブルースなど上位チームなので、楽観視出来ません。
厳しい戦いになることでしょう。

BNEに住んでみるみんな、Suncorp Stadiumで会いましょう。

メンバーはこちら
1. Greg Holmes 2. Sean Hardman 3. Dayna Edwards 4. Ed O'Donoghue 5. James Horwill 6. John Roe (c) 7. David Croft 8. Leroy Houston
9. Sam Cordingley 10. Berrick Barnes 11. Clinton Schifcofske 12. Morgan Turinui 13. Peter Hynes 14. Brando Va'aulu 15. Chris Latham

Reserves:
16. Stephen Moore 17. Rodney Blake 18. Van Humphries 19. AJ Gilbert 20. Will Genia 21. Quade Cooper22. Charlie Fetoai

Brumby戦から7人スタメンが変わっています。
[PR]
# by satoru_otsuka | 2008-03-07 23:05 | QLD Reds

Hux

f0097544_2013879.jpg
何度経験しても、スパインボードとネックカラーが出てくると背筋がぞっとします。

TVで見た人は知っていると思いますが、Reds vs Brumbiesの開始2分の事。Julian HuxleyがRedsのBig Kev(James Horwill)にタックルにいった際に、かなり重度の脳震盪を受傷しました。
正確には逆ヘッドでタックルにいき膝蹴りをモロに食らったという表現の方が正しいかもしれません。

Playは続いていましたが、近くいたDigbyが必死の形相でMed. Staffを呼んで、Huxの口からマウスガードを取り出していました。ゲームもちょうど途切れ、そしてスタジアムは異様な雰囲気に包まれました。

Huxはまったく動きません。
こういう時は、チームに関係なく2チームのチームドクターが助け合って、処置します。

ほどなくして、スパインボードとネックカラーが運び込まれます。
John RoeとLathoがかつてのチームメートであるHuxの様子確認しに近寄っていきます。

Huxはスパインボードに乗せられても、まだ動きません。

そのスパインボードが搬送するため、ゴルフカートに乗せられました。まだ動きません。

スタジアムの異様さは、増すばかりです。

ゴルフカートが動き出しました。
Huxの腕が動きました。そして、自力で首を少し持ち上げました。

ほとんどの観客は気付いていませんでしたが、個人的にかなりホッとしました。
合計5分以上中断したと思います。

それからHuxは医務室に運ばれ、救急車で病院へ搬送されたそうです。

しかし、話はこれだけでは終わりません。
その後、病院での検査の結果、頭部に腫瘍(おそらく出血によるもの)が見つかったそうです。
現在経過観察中というのが現状です。
おそらく手術にて摘出する事になるだろうとDrから言われているようです。
そうなると残りのSuper14試合はすべて欠場することになるでしょう。
しかし、本人はラグビーキャリアを続ける事に意欲的なようです。

最近、Brumbyとも来年以降の2年契約を結びましたし・・・
あとはDrの客観的評価次第でしょうか。

Huxは元Redsの選手だけに他人事ではありませんでした。
このような経験は2度目です。2度と遭遇したくないです。

Huxの早期回復を願ってやみません。
[PR]
# by satoru_otsuka | 2008-03-05 20:29 | ラグビー