<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

forever RED

2008年Super14シーズンが本日のKick Off Meetingをもって始まった。

私はAssistant Sports Trainerとして新たにQLD Redsと2008年Super14 Seasonの契約を結びました。
正直な話、去年よりは給料は減りそうですが、自分がやりたい事が出来るようになったので、満足いく契約内容です。

本日から5月までつづく長い長いシーズンの始まりです。

さあここからは本日の話。

Kick Off Meetingは2時間。正直、つまらなかった。
特にQRU Chairmanの話・・・。

その中でも、Cap John Roeの話だけは心に響く。持っているモノが違います。

「Physically toughになるのは当たり前、Mentally toughも備わった選手になろう。
コンタクト練習の次の日は筋肉痛や打撲で身体が痛くなるだろう。それをドクターやフィジオ(トレーナー)に言えば、間違いなく練習に参加しなくても良い様にしてくれる。しかし、ココでTough(精神的にも肉体的も)にならなければ、俺たちは強くなれない。クリスマスまでの2ヶ月はどんなに辛い事があってもみんなで励ましあい、Catch upしていこう。(基本的に休むのはダメ)」
「そしてベテランと若手のコミュニケーションをとにかく密に取ろう。BKはLathoにとにかく色々聞け、彼のラグビーに対する考え方をとにかく盗めと・・・。」

さすがである。

ラグビーはコンタクトスポーツ。
そのダメージから回復する力も、チーム力・戦力のひとつ。
そしてチームスポーツである。チームが一つに機能しなければ勝てない。

Fieldでは完全実力主義。だからこそ、Off The Fieldでベテランから学ぶべき事はたくさんあるはず・・・

相変わらず、若い選手が多い。だからこそ、可能性は物凄く大きい。

Week4までのスケジュールを見ると、去年よりも練習量が多い(当たり前か・・・)。

ちなみに明日の私の出勤時間は朝6時です。
forever RED(チームスローガンです)
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-10-28 17:48 | QLD Reds

宿沢広朗

f0097544_2001113.jpg「宿澤広朗 運を支配した男」 加藤仁著を読みながらBNEに帰ってきた。

三井住友銀行の頭取になる可能性のあった、物凄く頭の切れる人とは聞いていたが、実際にどのような人かは、失礼極まりないが知らなかった。

知っている事といえば、同期のMちゃんの七三分けの真似ぐらい。

しかし、ある一文によって私は宿沢さんをかなり身近に感じる事となる。

宿沢広朗は私と同じ、東京都日野市出身なのである。

はっきり言って、ただのベッドタウンである。主要な産業は日本一大きなトラックメーカーの日野自動車とその他電気機器の工場。
著名人の出身者と言えば、新撰組の土方歳三ぐらい。

そんな我がホームタウン出身のすごい人がいらっしゃったとは・・・。

基本的にこの本は宿澤さんの銀行での功績に焦点を当てて書かれている。
金融や経済の事にまったく無知である私でも、宿澤さんの功績の凄さがヒシヒシと伝わってきた。

リーダーシップ。先見の目。ポリシー。
どれをとっても本物であったのだろう。

日本ラグビー界が宿沢さんを失った事の大きさは計り知れないと聞いていたが、その真意をこの本を通じてはじめてわかった気がする。

この本に没頭していたため、BNEまでのFlightは物凄く短かった。

本物とは何か?、その事をこの本は私に教えてくれた。
偽者なんて嫌だ!!本物になろう!!
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-10-24 20:13 | ラグビー

Welcome back AUS

休暇のつもりだった2週間の日本滞在は結局ものすごく慌ただしいものになってしまった。
きっと私は回遊魚と同じで止まる事が出来ないのだろう。

忙しく動きまわって自己肯定される気がする。

日本滞在中に時間を作って会ってくださった皆さん、本当に楽しい時間をありがとうございました。
皆さんと話した事が、大きな刺激となり、私の財産になっています。
特に大学ラグビー部の同期の仕事の話は、私といる世界が違いすぎてものすごく刺激的でした。

そんなみんなに負けぬよう、日々精進です。

今後とも、皆さん良き仲間(Mate)でいてください。よろしくお願いします。

8時間ちょっとのFlightでBNEに帰ってきました。

BNEには透き通った広い空が広がっていました。それだけで、ストレスが少し軽減する気がします。

「Welcome back AUS」と税関で言われ、現在の生活の基盤がココである事を実感して、Redsの仕事へ。
2008年シーズン初仕事は他のコーチたちとまさかのロッカールームのペンキ塗り。

チーム名にふさわしく赤く塗りあげました。
プロチームのスタッフとしてプロフェッショナルな仕事をします。何ていったって、最高に恵まれた環境に身を置いているわけですから!!

予定されていた荷物が届いておらず、仕事が思ったよりも少ないのでしばらくはスローライフがおくれそうです(必ず後でしわ寄せがきますが・・・)。

PS 日本滞在中は更新が滞っていました。大変申し訳ありませんでした。
正直な話、PCに向かう時間があまり作れなかったのです。言い訳させてください。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-10-22 15:57 | ラグビー

World Cup is over

突然の呼び出しで、新宿のスポーツバーでWallabies対イングランドを見ることに。

メンバーは
ニック・スタイルス(元Wallabies,現クボタFWコーチ)
トウタイ・ケフ(元Wallabies)
茂木隼人(クボタ)
タイソン中島
埼工大からクボタへ行ったトンガ人数名
その他、クボタ選手数名
伝説のPR山賀(セコム)
セコムの主務の田中さん

こうみると物凄い個性的なメンバー(私も含めて)
いやぁ~楽しかったー!!

イングランドはこうすればWallabiesに勝てるというゲームプランを見事に実行しましたね。
それもこれもWilko様のKickがあるからですが、それにしても上手いゲーム運びでした

やはりWallabiesはスクラムが弱く、FW Playで後手を踏んでいました。
こうされると負けるという典型的なパターンでした。

12-10イングランドの勝利。

オーストラリアでラグビーに関わっている者としては、物凄く残念な結果です。またラグビー人気が低くなる危険性が高くなってしまいした。

一緒に見ていたKiwiの奴が、「It is too easy to go to the final」と言っていました。
そういうことは、これから行なわれるFrance戦が終ってから言え!!確かにその通りになると思いますが・・・
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-10-07 01:37 | ラグビー

Japan

本当は4週間のOffもらって、日本にダメ人間になるつもりだったんですけど、East Coast Acesと契約してしまったため、その期間が2週間強に!!

本日より」Holidayに入らせてもらい、さっそく日本に帰国しました。

1月から働き続けてきたので、久々のLong Holidayです。

温泉浸かってふやけまくって、寿司食って、たるんだ腹をさらにブヨブヨにしてやりたいと思います。

さっそく、成田から家までの間に日本の洗礼も浴びました。

それは満員電車。

日本には10月21日までいます。
可能な限り、色々な人に会えればと・・・

昔使っていた携帯電話を復活させました。
気が向いた方、是非電話下さい。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-10-05 00:38 | 日常生活(日記)

Best mates

f0097544_19511568.jpg
この仲間たちと過ごせるBNEって最高。

Aussie,Kiwi,韓国,香港などすんげー多国籍だけど、楕円球を通して友達になったMateたち。

そんな、最高なMateたちとBeachでBBQやってFooty。
私たち、完全に勝ち組です。

また、行くぞBeach Footy!!
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-10-02 19:49 | ラグビー

Appreciationの持つ力

East Coast Aces Captain Ben Mowenに「Japanese little strapper」と紹介された。
Competition最終戦のBallymore Tornadoesの試合終了後のChanging Roomで。

たいした事は出来なかったけど、恐れ多いぐらい感謝の言葉を並べられた。
この仕事を引き受けて本当に良かったと思った。

こうやって、チームとしてスタッフに感謝を伝える習慣、本当に身に染みるし、苦労が全て洗い流される気がいつもする。

自分も声に出して、感謝を伝えられるようになりたいものです。

またBoysと来年いっしょに仕事が出来れば嬉しいです。そのためなら、Eddieの物真似もいくらでもやります。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-10-01 11:12 | ラグビー