カテゴリ:QLD Reds( 120 )

Redsの選手の有酸素能力

最近、あまり更新していませんね。
少し反省しています。

毎朝、5時半に起床して仕事をしているグラサントレーナー・Rooです。

今朝も6時半から測定がありました。

測定種目は、
20mスプリント
40mスプリント
垂直飛び
ビープテスト(日本でいうマルチテスト)

これらの測定はQAS(Queensland Academy of Sports)という州のスポーツ科学研究施設(日本のJISSみたいなところ)で行われ、データもそことShareする事になっています。

さてさて、Redsの選手の有酸素能力(マルチテストの結果)ですが・・・

FWの1位がレベル13-1(No.8選手)
BKの1位がレベル14-2(Utility BKの選手)
PRの1位がレベル11-2でした。

日本人の平均がどれくらいなのかわからないので、この数字がどれだけ凄いのか、それとも普通なのかはわかりません。

最近、マルチを測定した人がいたら、その結果を教えてください。

なお、選手名は個人情報の関係で隠させてください。どうしても知りたい人は、個別で連絡を!!

では午後の練習に行ってきます。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-11-19 13:34 | QLD Reds

forever RED

2008年Super14シーズンが本日のKick Off Meetingをもって始まった。

私はAssistant Sports Trainerとして新たにQLD Redsと2008年Super14 Seasonの契約を結びました。
正直な話、去年よりは給料は減りそうですが、自分がやりたい事が出来るようになったので、満足いく契約内容です。

本日から5月までつづく長い長いシーズンの始まりです。

さあここからは本日の話。

Kick Off Meetingは2時間。正直、つまらなかった。
特にQRU Chairmanの話・・・。

その中でも、Cap John Roeの話だけは心に響く。持っているモノが違います。

「Physically toughになるのは当たり前、Mentally toughも備わった選手になろう。
コンタクト練習の次の日は筋肉痛や打撲で身体が痛くなるだろう。それをドクターやフィジオ(トレーナー)に言えば、間違いなく練習に参加しなくても良い様にしてくれる。しかし、ココでTough(精神的にも肉体的も)にならなければ、俺たちは強くなれない。クリスマスまでの2ヶ月はどんなに辛い事があってもみんなで励ましあい、Catch upしていこう。(基本的に休むのはダメ)」
「そしてベテランと若手のコミュニケーションをとにかく密に取ろう。BKはLathoにとにかく色々聞け、彼のラグビーに対する考え方をとにかく盗めと・・・。」

さすがである。

ラグビーはコンタクトスポーツ。
そのダメージから回復する力も、チーム力・戦力のひとつ。
そしてチームスポーツである。チームが一つに機能しなければ勝てない。

Fieldでは完全実力主義。だからこそ、Off The Fieldでベテランから学ぶべき事はたくさんあるはず・・・

相変わらず、若い選手が多い。だからこそ、可能性は物凄く大きい。

Week4までのスケジュールを見ると、去年よりも練習量が多い(当たり前か・・・)。

ちなみに明日の私の出勤時間は朝6時です。
forever RED(チームスローガンです)
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-10-28 17:48 | QLD Reds

Annual schedule

Super14のTeamのManagementは本当に細かく、計画性があります。

実をいうと、2008年10月までの試合予定はだいたい決まっています。
(Pre-season、Super14、Club rugby(Premier)、ARC)

2008年Super14の試合スケジュールは昨シーズンが終了した直後の6月にはほぼ決まっていて、来シーズンの飛行機やホテルの予約はもう済んでいます。

詳細はまだ、明かせませんが・・・

Pre-season matchが1月から2月にかけて3試合、そしてSeason inという今年と同じ流れになりそうです。
合計のHome gameが8つ、Awayが8つの予定です。

こういった試合の大枠が早期に発表されるので、それに沿って強化スケジュールが決定されます。

来年の5月までのOffの日も、ほぼ決まっています。
(予定が立てやすいので、非常に助かります)

Strength & Conditionig部門もすでに各週のMacro targetが決定して、それに沿ったメニューもほぼ出来上がっています。

世界で戦うためには、かなり緻密な計画性が要求されます。それでも勝つのは大変です。
日本はどうでしょうか・・・?
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-08-23 09:44 | QLD Reds

Impossible

Chris LathamのDFなって出来るか!!

本日のRedsの練習。
人数が足りなく、DFに借り出されました。
相手はChris Latham、John Roe、Devid Croft、Andrew Walker ほか

かれこれ6年程、本格的なスポーツからは離れております。
着実に腹回りには脂肪を蓄えはじめています。

結果、一歩で見事に振り切られました。
即効で息が上がりましたが、一応最後まで動き続けました。

自分が入ったことで、練習の意味がなくなっていない事を祈ります。

さあ勉強・勉強。
決戦は今度の土曜日。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-07-03 13:25 | QLD Reds

It's tough world

今日、GymにあるS&CコーチのOfficeに行ったら、いつも雰囲気が違っていた。
なんか、ガランとしていた訳で・・・

理由は、S&Cコーチ(チーフとアシスタント)2人が先週の金曜日付けで解雇されていた。

彼らのDeskには何もなかった。

今までの感謝を伝えられない、こういった突然の別れは本当に寂しいです。

せめて、感謝とSee you againと言いたかった。

やはりここはプロの厳しい世界です。
自分の首を切られていない事が、本当に不思議です。

Good see you,Stu and Chris Dennis!!
I will get big biceps mate!!
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-06-26 16:16 | QLD Reds

本日のトレーニングパートナー

f0097544_1302241.jpg

f0097544_130429.jpg
一人で50m引っ張りました。
見ての通り、かなり大きな車です。
f0097544_1324636.jpg
直径1.5mのトレーラー用のタイヤ(半端なく重いです)もひっくり返しながら、50m×2本。

本日のトレーニングパートナーは車と巨大タイヤでした。
これが強さの秘密です。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-06-21 13:05 | QLD Reds

ここは東京か???

本日の最高気温12℃。
しかし、風が恐ろしく強く、体感温度は間違いなく10℃を下回っていた。

そんな中練習。
Wet Weather Jacket(ウィンドブレーカー)を上下着ていても寒かった。

そう。まるで東京のよう・・・。
ニット帽、手袋が必須のような天気でした。
ここは亜熱帯気候に属するBNEのはずですが・・・

身体がそんな気温には対応していないので、とんでもなく寒い思いをしたのは言うまでもありません。
ちなみに現在はフリースを着ています。つま先がものすごく冷たいです。

それからそれから。
我らがKing、Latham様がやらかしてくれました。

Team mateを勝手に婚約した事にして、チームマネージャーを騙し、チームメンバーへの一斉送信のメールにその旨を記載。
本人もビックリのドッキリを一人で仕立て上げてくださいました。

練習に合流できるようになり、かなり上機嫌なのでしょう。

Kingを止める事は誰も出来ません!!
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-06-20 20:46 | QLD Reds

Welcome back Latho

f0097544_721676.jpg現在、世界ナンバーワンのFBであろう男、Chris Lathamが昨日よりいよいよグランド練習に復帰しました。

Reds Academyでの練習だったのですが、いつもよりみんな口数がすくなく、緊張しているのが手に取るようにわかりました。

練習中の的確な指示。
Encoureageの声、Communication。

トップ選手と若手の違いをまざまざと見せ付けていました。

まだ、フルコンタクトの練習には合流していませんが、間違いなくW杯には間に合います。
3週間後ぐらいの試合復帰をTargetにさらにリハのペースアップです。

「I hope I will smash Japanese boys in the worldcup」とChris Lathamは言っております。
日本にとっては、脅威となる選手がまた一人増えそうです。

かなりの重症からわずか6ヶ月でここまで来れたのは、本人の強い意志、Hard Training、それに対応したプロフェッショナルなメディカルスタッフたち(特にDirk Spits)の力が集結したからこそです。

クラブラグビーのグラウンドコンディションがあまり良くないので、こちらとしてはWakkabiesとしての試合復帰を望んでいますが、どうなるでしょうか?
もしかしたら、今月末から数試合Brisbane Premior RugbyでChris LathamのPlayが見られるかもしれません。

(写真はQR QLD Reds HPより引用)
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-06-19 06:43 | QLD Reds

Season review

本日、EddieとLucaと2007年Season Review Interviewがありました。

給料を貰い、一人のプロのTeam Staffとして働いているので、シーズンの反省及び上司からの評価も義務です。

あらかじめ言われていた質問を中心にレジュメを作成し、Speakingでは補えない分を紙に書いてInterviewに望んできました。

まず、良かった点
・Organize ability
・他のスタッフとの人間関係
・Working atittude
・No serious problem
これらの点を評価してもらえました。

改善点として
・English
・練習ウエアーの在庫管理について
・細かなコミュニケーションについて(備品の調達などについて)

全体的にはかなりPositiveな評価を辛口Eddie Jonesからしてもらえました。
もちろん、Solutionも貰いました。

「確かに英語力が伸びているのは認めるけど、まだまだ!!」
「たとえ日本人同士でも英語を話せと・・・!!」
→ごもっともです。

やはり言葉が一番の壁です。
まだまだ。この壁が私の前には高くそびえています。

これで正式に2007年シーズンは終了。
チームとともに私も来シーズンに向け準備をはじめます。

PS
Interviewが始まった瞬間、それまで日本語交じりで話していたEddieさんが急に英語のみになり、目が怖くなったのはココだけの話です。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-06-12 21:51 | QLD Reds

The next QLD Reds Head Coach

f0097544_1921175.jpgまじでSMSを読んだ瞬間、興奮した。

「Hi, the new Reds Head Coach is Phil Mooney」

私が一番望んでいた事が現実になった。

PhilがRedsにとってBestなコーチだと思っていたし、私にとってもこの1年間ともに過ごしてきて、私の事を理解してくれているし・・・

Eddieが去ってから、どうなるか多少不安だったけど、これでかなり雲が晴れた気がします。

Phil Mooneyは現AUS U19監督、Reds Academy監督、QAS U19監督、Reds Skill Coachです。
今まで出会ったどんなコーチよりもSkill指導の上手いコーチです。

何より、人当たりが良く、気さく親しみやすい人です。
かなりの愛妻家。家族を大切にする人です(OZはみんな!!)

去年、Ballymoreに自転車で通っていた時は、Philの帰り道の途中に私の家があるので、車に自転車を乗せて家までいつも送ってくれていました。

また、友達がRedsの練習を見に来た時にPhilから「I'm Phil」って挨拶と自己紹介にくるような人です。

3年契約だそうです。
今のRedsの若手はみなPhilによって育てられたと言っても過言ではありません。
これからもPhilのためにHard Workです。

(写真はQR QLD REDS HPより引用)
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-06-06 19:22 | QLD Reds