カテゴリ:QLD Reds( 120 )

サプリメント錠剤サンプルテスト

2種類の中枢神経を刺激し、興奮作用のあるサプリメントの錠剤のサンプリングテストを最近Redsでは行っています。
もちろん、ドーピングに抵触する成分は含まれていません。

具体的な成分名をココで挙げる訳にはいかないのですが、ラグビーという競技特性上、興奮作用はパフォーマンスの向上に直接的な関係性があり、プラスに働くのであれば取り入れていこうということで、サンプリングテストを行っています。

このサンプリングテストは、効用(副作用も含む)の個人差を見るために行っています。

中枢神経を刺激するので必然的に睡眠障害があったりして、選手の反応を聞いていると不謹慎ですが楽しいです。

このサンプリングテストはチームの管理栄養士と大学のプロジェクト研究でもあり、もしかしたら今後論文や学会などで発表されるかもしれません。

戦いへの準備が着実に進んでいます。

以前に書いた体力測定もですが、QLD Redsではスポーツ科学の研究と密に連携を取っています。
この点は、日本のラグビーチームと大きな違いではないでしょうか。
[PR]
by satoru_otsuka | 2008-01-11 18:57 | QLD Reds

ガチンコ勝負

いよいよScrum練習もライブで行われるように、Season-inが近づいている事を実感させられます。

昨日の練習ではRefereeを呼んで、チームの目線とRefereeの目線を一致させる作業を行いました。
来たRefereeは元世界トップレフリーの一人、現レフリーコーチのAndrew Cole
現AUS No.2RefのPaul Marks(RWCのタッチジャッジ)
その他、BNEのプレミアラグビーを裁いているRef数名

それからLO/Backlowコーチとして元Reds&Suntoryのマーク・コーナー

ステレンボッシュルールの一部が採用される2008年Super14では、もちろんScrumが重要です。
特にフロントローにWallabyを揃えるRedsとって絶対に制したいPlayなので、Refとの共通認識を作るために、かなり細かい確認を行いました。

Meetingが増えてきて、さらに細かい事が詰められていくことでしょう。

話は全然変わりますが、トップリーグのプレイオフのマイクロソフトカップでTMO(ビデオレフリー)が導入されるようです。良いことです!!
それに反比例して、日本選手権ではタイムキーパー制が廃止されるようです。

まったく日本協会は何を考えているのかわかりません。世界と同じことしないといけないと思うのですが・・・
[PR]
by satoru_otsuka | 2008-01-10 11:45 | QLD Reds

遅くなりましたが、謹賀新年

もう1月6日ですね。
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

つたない文章ですが、今年も付き合っていただけると大変嬉しいです。

AUSは2日からChristmas Holidayも終わり、日常生活に生活に戻っていて、新年を迎えた実感が皆無です。
私も3日~5日の2泊でQLD RedsのTraining Camp行っていた訳です。

2泊の合宿なんて本来余裕なんですが、今回は違いました。
理由は、天気!!

年末からサイクロンが来ていて、ずっと嵐でした。
合宿の最初の2日間は、見事に直撃!!暴風雨の中で練習となった訳です。

最初は、「ここはNZか!?」なんて冗談を言っていました。
あまりにも凄い天気で次第に無口になったのは言うまでもありません。

そして、敵は他にもいました。それはドレスコード。
私たちはプロラグビーチームです。
その年の練習着やウィンドブレーカーは決まっています。
練習着は複数枚支給されているので問題ないのですが、ウィンドブレーカーは1枚しかありません。
従って、濡れてほとんど乾いていないモノを次の練習に着なくてならず、季節はずれの低温に震えながら練習を見るしかなかった訳です。
この2年間、寒さをほとんど経験していないので、身体が寒さを受け入れてくれず、かなり苦痛でした。

しょっぱなから、なかなか素敵な出来事から始まった2008年ですが、きっといい年になると信じましょう。
私個人として、現状から1歩前進。変化・進化・進歩の年に出来ればと思っています。
さて、あと6週間でSeason-inです。3週間後にはTrial Matchも始まります。

忙しくなりそうです。
[PR]
by satoru_otsuka | 2008-01-06 06:40 | QLD Reds

仕事収め!!

昨日で2007年の仕事が終了しました。
今日から1月2日までChristmas Holidayです。

AUSという国自体の機能がStopします。

1月3日より合宿です。
きっと2日は準備で呼び出されることでしょう。
気持ちを作っておけば、むかついたりしないのでそうする事にします。

しばらくのんびりします。
これからSeason-in。激動の日々が続きますので・・・。

Have a good Chrisy mate!!
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-12-23 17:22 | QLD Reds

Big Latho is going to England

f0097544_10194399.jpgとうとうChris Lathamもヨーロッパ(England Worcester)への移籍が決まってしまいました。

2008年Super14終了後、Bundy Ram SeriesとTri-NationsのみWallabiesには加わって移籍になりそうです。本人が言う所によると9月の第3戦目までWallabyでいるかは、わからないと言っていました。
なぜなら、EnglandのSchool Scheduleが9月からなので、娘の進学に合わせて引っ越すかもと・・・
3年契約で数Millionドル。

そのニュースをFOX SPORTSが伝えている時、本人のテーピングしていました。
思わず、お互いの顔を見合っていました。

Rugby=Businessです。
プロである以上、名誉も大切ですが金銭的に評価してくれるところでPlayするのは必然です。

残りのLathoとの時間を楽しみ、世界No.1 FBを肌で感じたいと思います。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-12-18 10:25 | QLD Reds

Punishment完結

朝、4時すぎに起床。

起きて10分後に車に乗り、Ballymoreへ。

Physio Room到着。
何人かの選手はTreatment Tableで二度寝中。

ある選手は、アラームを5回鳴る様にSetしたと言い、ある選手は練習着を着たまま寝たという。

朝、5時前から巻くテーピングはなんらいつもと変わりませんでした。

5時15分からストレッチが開始され、普通にSkill Session。
ExtraでFitness Trainingがされ(Punishmentとして)、これにて罰完結。

朝、8時15分から他のCoachたちといっしょにBreakfastを食べに行きましたとさ・・・。
もちろんQRU持ちです。

この国のBreakfastの値段の高さに驚きます。
ホットケーキ3枚にアイスがのっているだけで、17ドル。
そんな金ありません。

10時前に家に辿り着き、少し寝て午後の練習に備えます。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-12-13 09:38 | QLD Reds

Punishment

やはりラグビーの精神はOne for all,All for oneだった。

ある選手がスポンサー以外のメーカーのソックスを履いていた。
ある選手がドクターチェックを受けなかった(連絡なし)。

要するに粗相です。

従って、連帯責任。
木曜日の練習が朝5時15分からになりました。

テーピングは必然的に約1時間前開始です。
つまり3時半過ぎに起床し、4時過ぎに出勤です。

殺す気か!!

この程度の粗相、大学時代だったら毎日発生していた。
ラグビーはチームスポーツです。
スタッフもいっしょに連帯責任を背負ってきます。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-12-10 17:51 | QLD Reds

競技外検査

昨日のReds Academyの練習中、全員白のポロシャツできめた人たちが4人現れました。

4人ともおそろいの赤のボードを片手に!!
そして胸にはAustralia Anti Doping Commityの文字が!!

試合以外の抜き打ちドーピングテストです。

試合でのドーピング検査は何度も経験していますが、競技外検査ははじめてでした。
しかもAcademyが対象だったので、驚きは倍増でした。
対象者は、昨年のSevens、U19、高校代表選手の計4人。

ラグビー選手たる者、日常生活の一部がラグビーである必要性を感じずにはいられません。

しかし、ふと思ったのがKGUの大麻事件。
もし、日本で競技外の抜き打ちドーピングテストが行われていたら、大麻なんて絶対にやらないだろなと思ってしまいました。
大麻(マリファナ)は立派なドーピングです。

そんな事を思っていたら、今回の事件の対策として関東ラグビー協会がリーグ戦・対抗戦でのドーピングを実施しようとしているとか・・・

個人的な意見として、不正薬物の有無を見るのであれば、試合時検査は有効ではないように思います(いくらでも対策出来ますから!!)。
陸上競技までいかなくとも、ドーピング検査の回数を日本のラグビーも増やすべきかもしれません。

その負担が選手とチームスタッフにかかるのは間違いない事ですが!!
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-12-06 06:40 | QLD Reds

Welcome back the Wallaby boys

Berrick,Sam,Hugh,Holmes,Hardman,Moore、みんなW杯後のOffが終わって練習に帰ってきたよ。(LathoはOff返上してずっと練習に来ていたから、別!!)

今シーズン初めてのFull MemberでのSession。

人数が揃うと気持ちが良いというか、これでようやく本格的にSeasonが始まる気分にさせられた。

みんな、良い感じにRefresh出来ているみたいだし・・・。

それにしても、今日の練習内容はひどかった。
月曜日から水曜日まで、Team Bonding CampでOutdoor Activityしかしておらず、Skill Trainingをほどんどしていないとはいえ、Ballを落としすぎ。そして、Wallaby boysたちとその他の選手とのコンビネーション・コミュニケーションが上手くいかなすぎ!!

これから、改善しなくてはいけないですね。

温厚なPhil Mooney(Head Coach)がF-wordを連呼していたぐらい、酷い練習だった。
もちろん、Philは選手には直接F-wordをはき捨てない。ボソボソって連呼するから、まわりにいる私たちは共感しつつ、笑いをこらえるのに必死だった。

こういった光景も、Philの人柄を表しているなぁ~と妙に納得してしまった。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-11-30 16:10 | QLD Reds

職場

f0097544_9174933.jpgここが私の職場です。

通称Physio Room

ベッドが5台ぐらい並んでいて、マッサージを中心としたTreatmentやTapingをここでします。
練習前後は選手のたまり場です。

FOX(日本でいうJ-Sports)の写る巨大プラズマテレビもあります。

私は、ここで朝6時(日本時間5時)から指の皮がなくなるほどテーピングをしています(実はたいした数ではないのですが・・・)

詳しい、私のDaily routineはまた今度書きます。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-11-23 09:21 | QLD Reds