カテゴリ:ラグビー( 117 )

2008Super14 Opening Game is coming soon

Match Officialも発表になりました。

この7人によってELVsが全世界に放映されます。
この7人によって今シーズンの基準が作られると言っても過言ではありません。

Crusaders vs Brumbies
Ref: Mark Lawrence(RSA)

Reds vs Highlanders
Ref:Marious Jonker(RSA)

Sharks vs Force
Ref:Kelvin Deaker(NZ)

Blues vs Chiefs
Ref:Lyndon Bray(NZ)

Waratahs vs Hurricanes
Ref:Craig Joubert(RSA)

Stormers vs Bulls
Ref:Willie Roos(RSA)

Cheetahs vs Lions
Ref:Jonathan Kaplan(RSA)

各チームRefereeの分析を開始している事でしょう。
RedsはReferee分析をすでに終えています。
Marious Jonkerはスクラムの組みなおしが多いから、そのことでイラつくな。などなど、Previewが行われています。

HurricanesはCraig Joubertが2月2日の6NationsのEngland vs WalesのRefをした事を挙げ、すでにRefの準備不足を指摘しています。間違いなく、ルールが混同しミスジャッジが起こるとも・・・。

Week1のRefではJonathan KaplanがScotland vs England、Marious JonkerがWales vs FranceのRefereeが3月にあります。

その他、Super14のRefではSteve WalshがEngland vs France、Stuart DickinsonがEngland vs IrelandのRefereeが3月中にあり、二つのルールの切り替えに迫られそうです。

チームサイドとしては、こういった状況はミスジャッジの発生確率を高くするので正直歓迎出来ません。
[PR]
by satoru_otsuka | 2008-02-14 10:09 | ラグビー

Ballが変わる

Ballが変わります。

2008年から試合でのボールはGilbertのXactからSynergieに変わります。
(未だに日本独自のGilbert Triple Crownなんて化石みたいBallを使っている日本は関係ないけど・・・)

特徴はXactに比べて雨の日のグリップ力が落ちません。
それはグリップの凹凸の感覚が狭くなっているからでしょう。
Xactだと、濡れるとどうしても凹凸間に水の膜が張ってしまっていました。
この点が、大きな改善点でしょう。

Synergieは現在行われている6Nationsでも使われており、もちろんSiper14もSynergieが使われます。
今後の試合球はすべてコレになることでしょう。

ARUもSummitとの契約が終了し、Gilbertとの契約に変わりました。
Wallabiesの試合も全てGilbert Synergieで行われます。
[PR]
by satoru_otsuka | 2008-02-10 11:52 | ラグビー

Larham will play for Ricoh

ラーカムが2008年シーズンからリコーでPlayすることが決まったようです。

契約内容は3年契約。

リコーにそんなお金があったとは・・・
ラーカムのパスが受けられる真介が羨ましい。
(日本人で、彼のパスをまともにキャッチ出来る選手はいるのか???)

Rugbyheaven
[PR]
by satoru_otsuka | 2008-01-17 05:56 | ラグビー

Congrats Waseda boys

後輩たちがみごとに覇権を奪回してくれたようです。

この1年、そして4年間の積み重ねが花を咲かせ、実を結んだ事を誇りにしてもらいたいです。

Congrats Waseda boys!!You guys are allowed to sing 荒ぶる!!
Good on you mate!!

Cheers
[PR]
by satoru_otsuka | 2008-01-12 18:29 | ラグビー

これがAUS Rugbyの実情

4.7Million(約5億円弱)の赤字!!
そのうちARU補填分、約2Million(2億円)。

これが今年のARC Mazda Cupの最終収支です。

来年度も3.3Millionの赤字が予想されるために、大会継続が不可能になってしまいました。
ARCの歴史は閉じられます。
明らかにNZと南アフリカとは違うようです。

観客がほとんど入らず、閑古鳥の鳴くスタジアム。
チームスタッフのほとんどがボランティア。そしてサービスはアマチュアレベル。
Poorなマネージメント。

良かった点というえば、若手のHigh Intensityでの試合数が増えて育成に良い側面をみせたことぐらいでしょうか。

実際に、この国のRugby Unionは4番手、5番手のスポーツに成り下がる危機(むしろそう!?)に直面しています。

赤字額を見て、最初の契約では給料が払われる約束だったのに、未だに払われていない事実背景が完全に理解出来ました。
正直、2ヶ月間無報酬で働かされた訳で、自称プロラグビーチームスタッフの生活はキツイかったです。

そんな、こんな2007年は色々な事がありました。すべてが上手くいっている訳ではありませんが、着実にキャリアは詰めている感じはします。

少し早いですが、皆様良いお年をお迎えください。
そして2008年もグラサントレーナーRooをよろしくお願いします。

A Happy New Year!!
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-12-30 04:56 | ラグビー

Tony BrownはSharksへ

f0097544_837239.jpg移籍話を続けて(移籍ではなくバイト???)。
日本では、おそらく公にされていないと思いますが、Sanyo WildknightsのTony Brownが2年前と同じく、Top League終了後にSuper14のSharksに加わるようです。

おそらくNECのヤコも例年通りBullsでPlayすると思うので、彼らはプロ選手(Business man)として1年中試合に出続ける事になります。

(写真はSanyo Wildknights HPより引用)
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-12-20 08:42 | ラグビー

Wallaby new coach

f0097544_12241951.jpg日本の新聞でも扱っている所があるので、知っている人も多いかと思いますが、WallabiesのNew Head CoachにRobbie Deansが就任する事が昨日決まりました。

AUSのラグビーの歴史上はじめてのAussie以外のWallabiesのコーチです。

最適な人が就任すると個人的には思っています。

Robbieといえば、カンタベリー・クルセイダースのHead Coachとして4度のSuper Rugby制覇。

カンタベリーラグビー協会を世界一機能的なスポーツ組織にしたと言われている人です。

それだけマネージメント能力が高く。
かつ多くのラグビーの引き出しを持っています。

日本のチームも、カンタベリー発の練習ドリルを多く採用しています。

ある意味、どん底のWallabiesですからRobbieの下、色々な改革がなされることでしょう。
あとは日本協会と同じく頭の硬いARU次第ですが!!

ふと思ったのですが、やはりSuper14よりもTest Matchを選ぶモノなのだと、今回のRobbieのコーチ就任から痛感しました。
もちろん、私も代表チームのスタッフに成れる可能性があれば、すぐにそっちに飛びつくと思いますが・・・今の恵まれている状況を捨ててでも!!

写真はARUのHPより引用
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-12-15 12:30 | ラグビー

今度はBullsのコーチング・コンサルタント

f0097544_124812.jpg昨シーズンのQLD Reds Head CoachのEddie JonesがW杯の南アフリカのコーチング・アドバイザーに引き続き、2008年シーズンのBullsのコーチング・コンサルタントになるそうです。

私をRedsに入れてくれた人。
一番敵にまわしたくない人が、とうとう完全に敵チームのスタッフになってしまいました。

それにしても、本当に勢力的に仕事をしています。
世界を所狭しと飛び回っています。
Sports are business(Rugby is business)を身をもって体現している感じです。

いつか、私も!!
アマチュアスポーツも、プロスポーツも金次第ですから!!
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-12-14 12:05 | ラグビー

2008年Super14 Rule

本日、SANZARより2008年Super14のルールが発表になりました。

ARCで採用されていたルールからいくつ不採用になりましたが、このルールで2008年シーズンの試合が行われます。
ステレンボッシュ大学の実験から始まり、クラブラグビー、ARCを経てラグビー自体が大きく変化するだろうルールがいよいよ国際的にお披露目です。

訳すのが面倒くさいので、英語の勉強だと思って読んで下さい。

Experimental Law Variations (ELVs) to be trialled the 2008 Super 14 rugby union competition:-

Posts and flags around the field:
i. If a player is in possession of the ball and touches a corner post, he will not be in touch unless he touches the touchline or the ground beyond the touchline.
ii. If the ball is not being carried by a player and it touches the corner post, the ball will be deemed to be touch in goal.

Inside the 22-metre line:
When a defending player receives the ball outside the 22-metre line and passes, puts or takes the ball back inside the 22, the following can occur -
a. If the ball is then kicked directly into touch, the lineout is in line with where the ball was kicked.
b. If a tackle, ruck or maul is subsequently formed and the ball is then kicked directly into touch, the lineout is where the ball crossed the touch line.

Lineout:
On a quick throw in, the ball can be thrown straight or backwards towards the defenders goal line, but not forward towards the opposition goal line.

Breakdown (tackle/post tackle):
Players entering the breakdown area must do so through the gate.
Immediately the tackle occurs there are offside lines.
The halfback should not be touched unless he has his hands on the ball.

Scrum:
The offside line for players who are not in the scrum and who are not the team's halfback, is five metres behind the hindmost foot of the scrum.

Sanctions
For all offences other than offside, not entering through the gate, and Law 10-Foul Play, the sanction is a free kick.
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-12-04 20:21 | ラグビー

ボールの形が違う

f0097544_723975.gif写真は今年のラグビーW杯で使われていたボールですが、実はこのボールがちょとした曲者です。

大会の最中も、イングランドのウィルキンソンやNZのカーターからクレームが出ていたようですが、既存のギルバートボール(XACT、Barbarian、Triple Crown)に比べて、1-2cmほどボールの長さが短いんです。
手で持った感じも、なんとなく一回り小さく感じます。

その形の違いで、キックの弾道に影響があるとか・・・

W杯で使われたということは、2008年シーズンの試合球になる事がほぼ決まりな訳で、Redsでも10個ほどW杯Official Match Ballを手に入れ、Kickerたちは日夜練習に励んでおります。

微妙な違いですが、Top中のTopの選手にとって大きな違いなようです。慣れれば、問題ないと彼らは言っていますが・・・


そうそう、日本で試合球として使われているTriple Crownですが、国際試合では使われていません。AUSで見かけたことすら、ありません。
是非、XACTかBarbarianまたは、W杯試合球に試合球を変更すべきでは・・・

これらボールの方がグリップの凹凸が大きいですし!!

前回のW杯アジア予選でこれらのボールを試合球で使うことになり、扱いに慣れていなくてクレームをだしたということもありましたし!!
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-11-29 07:40 | ラグビー