カテゴリ:未分類( 11 )

OZ首相選抜メンバー発表

11月の1週目に日本代表と試合をするOZ首相選抜のメンバーが発表になりました!!

Redsから7人

スタメンが
1番のBen Coutts 、キャプテンであり医者でもあるNo.8 John Roe、オープサイドFL David Croft、そして19歳のTRY Getter Caleb Brown

リザーブにはHO Sean Hardman、NEC戦のキャプテンだったSH Nic Berry、そして最近はSOをやっていたWTBのPeter Hynes です。

注目はなんといってもCB(Caleb Brown)!!年齢は今の大学1年生と同じ!!

未来のスター候補がどんなプレイをするか是非生で見てください!!

そして我らがキャプテンJohn Roe!!
時々大学の図書館で会うことで象徴されるように、まさに文武両道の男!!我らが隆道をもこえるキャプテンシーは見物です!!試合前のロッカールームでの彼の一言ひとことは鳥肌モノです!!

メンバー全員を知りたい人はこちら(Reds HP

RedsのTour Squadはまだ発表になっていません!!
[PR]
by satoru_otsuka | 2006-10-18 15:08

ワラビーズのフィジオに会ってきます

今からワラビーズのフィジオ、キャメロンに会ってきます。
おまけでついていくだけなんですけど。

日本からトレーニングジャーナルなどを作っている、若井正樹さんが今こちらに来ていて、いっしょに夕食を食べようと思ったら、その席に同席することになりました。きっと自分の英語力のなさにまた失望することでしょう。しかし、良い機会なので、オーストラリアラグビー界の人脈作ってきます。

昨日、少し携帯から電話をしたチャージしていた分一瞬で使い切ってしまいました。無茶苦茶通話料が高いみたいです。基本的に受信専用にすることを決意しました。無駄な出費は生活費に直結するんで。しかも今日、リチャージするカードを買ったら、うまくチャージ出来ません。正直困ってます。若井さん助けてもらおうとも思っています。

時間がないので、今日はこの辺で。
[PR]
by satoru_otsuka | 2006-04-06 15:11

日本では

日本では桜が満開らしいですね。
こちらは毎日30℃ですよ。春を通り越して夏です。秋は来るのでしょうか?Tシャツまたポロシャツにハーパン。実に楽です。
学校の初日にBrisbaneには二つの季節がある。SummerとHot Summer。本当にそうなのでしょうか?

毎日5時間半、英語学校で授業受けてます。出来る事、出来ない事がかなり明確になってきました。ひとつ一つ課題を克服していくしかないですね。

こちらのバスの運転はヒドイです。交差点での後輪の脱輪なんて朝飯前です。私が今住んでいる、Chapel Hillから大学のあるSt Lusiaまでは基本的に丘の上り下りなので正直酔います。バスの中で勉強なんて無理です。
今まで、移動時間が勉強時間だった私にとってかなり時間を無駄にしている気分にさせられます。
こちらに来る前は、自転車を買って自転車で移動しようと思っていたのですが、あまりにも登り下りが多いのであきらめました。今後も気分屋のバスに身を任せます。

昨日、ひどい夕立にあいました。そして今日も夕立が来そうです。
早く帰ります。

英語で書いてほしいとの連絡をいただきましたが、誰かに読ませるレベルの作文力がないのでまだやめときます。いつか英語で日記を公開する日がくることを祈りつつ。

写真を公開しようと思っているのでが、デジカメで撮った画像を編集しないとここに載せられないので、他の方法がないかどうか考えています。近いうちに何かしらの形でアップできるかと思いますが。

では。
[PR]
by satoru_otsuka | 2006-04-05 15:14

Ausseiな生活

こっちの人はとにかく寝るのが早い。
夜9時を過ぎたら家の電気が消えている。それだけ夜やることがないのも事実です。
テレビもつまらないし、勉強するか寝るしかありません。勉強するにはもってこいの環境です。
しかし、正直あまり勉強していないです。
とにかく、早寝早起きです。
そしてあまり仕事をしません。老後の生活はこっちらが最適かもれません。とくにQueeenslandは1年中暖かいですし。

とにかく英語の読解力、特に単語力がありません。誰か助けてください。
毎日、単語を30個覚えること(少なすぎ??)と新聞のスポーツ記事を辞書を引きながら精読することを自分に課しています。もちろん、読むのはラグビー(レッズ)の記事です。

どうやら、EddieさんはARU(オーストラリア協会)と選手獲得の事でもめまくっているようですが、現時点ではレッズの来シーズンの監督に就任しそうです。

とにかく英語がどうにかならないと生活していけないので、どうにかせねばという焦りが募っています。日本でなんでもっと準備していなかったのかという、後悔の嵐です。
きちんと英語の準備を進めている隆雄と剛の事を本当に尊敬します。TOEFLやILTSの勉強なんて夢のまた夢です。そんな英語力、僕にはありません。
日本では逃げ続けていた、積み重ねる事を意識して勉強しようと思います。
フランスでは前田が日本代表として頑張っているようですし。
日本にいるみんなに負けないように、自分なりに頑張っていきます。

何か書いてほしいことがあったら連絡ください。
誰が見ていてくれているのか知りませんが。
見たならコメント書いてくれるとうれしいです。
もちろんハンドルネームでOKです。
[PR]
by satoru_otsuka | 2006-04-04 15:45

週末の過ごし方と食生活

いつ以来だろうか。こんなにゆったりとした週末を過ごしたのは。
かなり有意義であった。
こちらの週末は金曜の夜からはじまり、開放感満点です。
土曜日はクラスメイトと映画へ行き、日曜日は博物館へ行った。
両方ともブリスベンの街の中にある。

映画は安い。5ドル80セント。1ドルが約90円だから。500円ちょっと。このままだと相当な回数見に行きそうです。何言ってるのかまったく理解できていないけど。視界から情報のみで、内容理解しています。いつの日かちゃんと台詞がわかる日がくることを願ってます。
「Match point」というイギリス映画を見たのですが(クラスメイトのチョイス)、男女の三角関係の話で、映画のつくりとしてはオペラ的で、かなり良いと思うのですが、内容はシリアスすぎました。

話を変えてこちらの食生活について。

朝はトーストとシリアルのみ。家族みんながそろうこともなく。各自で準備し、各自で食べます。
昼は大学内のカフェテリアで買って食べています。今までは基本的にハンバーガーでした。今日からタッパーを買ったので、朝のパンを持ってきてサラダだけ買うという貧乏学生生活も始めて見ました。値段は正直高いです。Cityはそうではないのですが、大学内はやたらと高いです。
夜は多国籍料理です。これがオーストラリアの典型的なのだと思います。先日、お好み焼きだと言われて出されたのが、オムレツに麺を挟んであるものでした。はっきり言ってまったく美味しくなかったので、バーベキューソースで強引に味付けして、流し込みました。

私のホストファミリーがそうなのですが、野菜があまり出てきません。特に朝食が、まったく野菜がないため、そのほかの食事で意識的に採らないと、かなりアンバランスな食生活になってしまいます。
また、夕食後には必ずデザートとしてアイスクリームが出てきます。もし、帰国した際、私が太っていたらアイスクリームで太ったと思ってください。

日本食も大学内やCityまで行けば、簡単に食べれるので、万が一日本食が食べたくなっても問題なさそうです。

プリペード式の携帯電話を契約しました。機種とカードを買って電話でオペレーターと話をして契約をするのですが、何言ってるかまったく聞き取れず、契約するのに相当苦労しましたが、無事に契約できました。
番号を教えてほしいという人がいましたら連絡ください。
夜ならいつでも電話でますよ。

こちらの生活リズムに合わせて相当早寝早起きのジジイ的な生活をしてますが。
[PR]
by satoru_otsuka | 2006-04-03 16:13

英語

こちらに来てはっきり言って英語の勉強以外やっていない。

自分でもおかしいと思う。
何をしにオーストラリアに来ているのか、わからなくなるときもある。
しかし、何をやるにしても英語は必須である。
今まで、自分がサボっていた事実をまざまざと痛感させられている毎日。
日本でやっとけば、、、。
と思う反面、日本の英語教育じゃ絶対に話せるようにはならないことも痛感した。

これから留学する人へ。
英語での質問文を頭で即座に構成できるように練習しておくと、
かなり会話を進められるようになるから、準備してみてください。
この力が私には不足しています。
とにかくイメージと言えなかったフレーズをメモ書きしている毎日です。
こっちから話しかければ、100倍ぐらいになって答えが返ってきます。

今日は金曜。
学校も午前中でおしまい。
クラスメイトやその友達とこれから出かけます。
みんなアジア人なんだけど。
中には日本人もいるけど、会話は英語。
すごい不自然だけど、それはみんなが理解できるようにするこちらのルールなんです。
みんな同じぐらいの英語力だから、ものすごくいい勉強になります。

週末は学校に行かないので、メールのチェックやここの書き込みができないので、
あしからず。

ウメ、谷内コメントありがとう。
お互いにがんばろう。
[PR]
by satoru_otsuka | 2006-03-31 12:52

ありえないこと

国内の遠征は数多く経験していたが、海外経験は少なかった。

こっちにきて一番驚いたことは、バスの社内でのアナウンスOR表示がないこと。
自分が降りたい場所に近づいたら、勝手にボタンを押す。
従って、はじめ行く場所にバスで行くのは相当困難を極める。
まして夜なんて暗すぎて何もみえない。

おどろいた事をもうひとつ。
ブリスベンの物価が思いのほか高い。
日本とまったく同じなのである。
毎日、バスでの学校の往復で5ドル使い。
さらに昼飯。
基本的に昼飯はハンバーガーで済ませているが、それでも5ドルぐらいかかる。
予定外だね。

まだ、銀行のカードが出来てこないから、仕送りもしてもらえないから、
とにかく節約生活です。

今日から、クラスをひとつ下げてもらった。
自分のレベルにあっていて、やっと勉強している感じ。
ストレスもなくなった。

現時点ではとにかく、単語力が不足しているので、ひたすら単語を覚えよう。

誰か良い方法知ってますか?

では。
[PR]
by satoru_otsuka | 2006-03-30 14:58

From brisbane

ようやく日本語でネットができるPCを大学で見つけました。

ホストファミリーでネットができないのでマジで不便です。

ブリスベンは本当に良いところです。
26日に空港に着いて、空をみたとたんに気に入りました。
空が無茶苦茶きれいで、澄んでます。
(確かに何もないですが)
もちろん日差しははんぱなくきついです。
もちろんサングラスは必須です。

月曜日から英語学校に通い始めました。
クラス分けのテストが思いの他出来てしまい、
難しいクラスに入れられてしまって、授業で何を言っているのかわかりません。
今、さっきディレクターに頼んで、レベルをひとつ下げてもらいました。
これでストレスがひとつ減ると良いのですが。

一番のストレスは昨日入ってきたニュース。
Eddieさんが来シーズンのレッズの監督をやらないかもっていうもの。
5月からの俺はどうなるんだ。
一気にお先が真っ暗になった。
とりあえず、メールは送ってみたけど、どうなることやら。
自分の力じゃ、どうにもできないから、流れに身を任せるしかないね。

まだ新しい生活を楽しむまでの余裕はありませんが、どうにかやっています。

今の状態じゃ、ラグビーに関わるなんて夢のまた、夢だね。

とりごえさんコメントありがとうございます。
できる限り、近況を書き込んでいきます。

ではでは。
[PR]
by satoru_otsuka | 2006-03-29 16:15

いってきます

いよいよである。

大学卒業。そして渡豪。

4年間思い返せば、本当に短かった。それだけ充実していたからだろう。

本当に人との出会いに恵まれた。
この4年間に出会った人達に本当に感謝している。
特に同期の佐々木組のみんなには・・・。
また、ワセダラグビーの人脈のすごさも痛感させられた。

これからの時間、普通の人には出来ない経験をしてきてやる。

楽しみである。

とりあえず、空港からホームステイ先までの行き方がわからない。
街の中心まで地下鉄で行って、それからはタクシーかな・・・!?

金だして苦労しに行くのだから、スタートしては最高かも。
どうにかしてやる。

この留学の実現に関わってくださった、多くの方に感謝している。
特に高澤兄先生、高澤弟先生、ボス、武田GM、甲谷さん、八嶋さん、若井さん、そしてエディーさん。

自分がやりたい事が出来る幸せを感じながら・・・。
[PR]
by satoru_otsuka | 2006-03-25 07:21

身体が・・・

あと3日で旅立ち。

いよいよだ。
なのに、なんだかものすごく疲れている。
全身の筋がこわばっている。
(自分で分かっちゃうのが職業病)
特に頚の筋が張っていて、頭痛までする。
結構、不安を感じているのだと、自分の身体の反応で感じている。

当たり前。

英語の準備、全くやっていないんだから・・・。
あたって砕けろ。どうにかなるさ。バカ野郎。

敏腕主務
靭帯じゃなくて本当に良かったな。
あなたはラグビー界に絶対必要な人材です。
まずは第三者的な立場から客観視して、君にしか出来ない事をやってくれ。
応援しています。

さーやさん
ご馳走様でした。
なんか僕という人間の本質を見すこされているようなプレゼントでした。
ど真ん中のストライクです。
サッカーのW杯では予選リーグでオーストラリア対日本があるので、
近い将来では、正直そのことが一番心配かもしれません。

大城
仲間がいてくれて本当に心強いです。
お互いに頑張りましょう。

まだ見ている人はいないだろう。
けど、これからいろいろと書き続けてやる。
[PR]
by satoru_otsuka | 2006-03-23 23:43