ガチンコ勝負

いよいよScrum練習もライブで行われるように、Season-inが近づいている事を実感させられます。

昨日の練習ではRefereeを呼んで、チームの目線とRefereeの目線を一致させる作業を行いました。
来たRefereeは元世界トップレフリーの一人、現レフリーコーチのAndrew Cole
現AUS No.2RefのPaul Marks(RWCのタッチジャッジ)
その他、BNEのプレミアラグビーを裁いているRef数名

それからLO/Backlowコーチとして元Reds&Suntoryのマーク・コーナー

ステレンボッシュルールの一部が採用される2008年Super14では、もちろんScrumが重要です。
特にフロントローにWallabyを揃えるRedsとって絶対に制したいPlayなので、Refとの共通認識を作るために、かなり細かい確認を行いました。

Meetingが増えてきて、さらに細かい事が詰められていくことでしょう。

話は全然変わりますが、トップリーグのプレイオフのマイクロソフトカップでTMO(ビデオレフリー)が導入されるようです。良いことです!!
それに反比例して、日本選手権ではタイムキーパー制が廃止されるようです。

まったく日本協会は何を考えているのかわかりません。世界と同じことしないといけないと思うのですが・・・
[PR]
by satoru_otsuka | 2008-01-10 11:45 | QLD Reds
<< サプリメント錠剤サンプルテスト 遅くなりましたが、謹賀新年 >>