敵にしてはいけない人

f0097544_16133514.jpgEddie Jonesだけは敵にまわしてはいけないと痛感した。

南アフリカを優勝へ導く手助けをしたのは、もちろん。

本日の慶応対明治の対抗戦。
Eddieがコーチをはじめてわずか3日目にして29-29の引き分け。

間違いなく、下馬評は明治有利だったはずである。
それをこの短期間で、埋めてしまった。

もちろん、今までの名声、実績から選手たちのMotivationはあがっていただろう。
しかし、それ以上にEddieの分析が試合結果に影響をもたらしたような気がする(試合を見ていないので、何とも言えませんが・・・)

おそらく、先週の火曜日に日本に着いて、サントリーのアドバイザーをしながら慶応・明治・サントリー・東芝のビデオを見まくって、分析しきったはずである。

そして、今度はTargetは早稲田に絞られているはず。
後輩たちよ、頑張るのだ!!
Eddie JonesというHard Workerは相当手強いぞ!!

そして、今回の事から推測されることは、Eddie JonesのDNAの根源は日本人であるという事。
彼の手法は日本人的であり、日本においてBest matchである気がする。

そうだ、久しぶりにEddieにメールしてみよう。
今なら、第二の故郷日本でストレスの少ない生活を送っているはずだから!!

対抗戦が面白くなってきた。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-11-03 16:26 | ラグビー
<< Complaint about... forever RED >>