いまさらながら Wallabies vs Brave Blossoms

試合開始から、ボールを動かして消耗戦に持ち込もうとするWallabies。
従来なら日本がやるべき戦術をまずWallabyから仕掛けた。

この2チームの大きな差はPhysical。早く日本をEmptyにしてしまおうというのが、見て取れた。Wallabiesは日本をちゃんと研究していたし、一番有効な戦略を遂行した。

前半はよく戦った。
差し込まれてはいたけど、必死に守っていた。
あのDFは誉められるべきだと思う。全員が身体を張っていた。

しかし、アタックチャンスは1回だけだった。それも4Phaseまでしか、ボールを継続させてもらえなかった。

一番まわりが見えていたのは、Flyhalfの小野選手だった。
U19カンタベリーは偽者じゃない。場慣れしている感じが見て取れた。

後半
日本の足が止まるのはわかっていた。
それを意図してWallabiesは前半、試合を進めていたから。

隆道の負傷退場も痛かった。
それ以後、チームの秩序が感じられなかった。
やはり隆道が日本代表のCoreだった。

後半残り10分でモートロックの代わりに入ったジェラードが膝を負傷して退場したが、Wallabiesはその代わりの選手を入れなかった。
15人対14人の状況でも3TRYを加えていた。

さすがに少し恥ずかしかった。

最後に
もちろん日本を応援していたけど、怪我から復帰したLathoの2TRY。Test Match DebutだったBerrickの2TRYは嬉しかった。

昨日は朝9時からEast Coast Acesの試合があり、11時間仕事。
家に着いた時は、寝不足も加わって疲労感があった。East Coastが勝っていれば、もっと疲労感も感じられずに済んだのに・・・

今週も忙しくなりそうだ。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-09-10 11:37 | ラグビー
<< Rubbish RWC Opening game >>