Eddie became bok's coaching cordinator for W-cup

たとえOZを去ったとしても、その影響力は絶大なようです。

それにしても、OZでは相当嫌われていますEddieさん。

RedsのHead Coachを辞任し、先月中旬にOZを離れ、Englandのサラセンズと来シーズンの契約を結びました。
その後、南アフリカ代表SpringboksのW杯までのパートタイムコーチングコーディネーターに就任しました。

これに対してはかなりの非難が巻き起こっています。Possitiveな新聞記事は1つしかありませんでした。

プロコーチして仕事をもらって訳でそれを全うすることは当然のことなのですが・・・いかんせSpringboks。WallabiesがW杯の決勝トーナメントで当たる可能性がない訳ではないので、非難が集中しているわけです。

それに現在のWallbiesの主力は皆Eddie's Children。
キャプテンのモートロックなどはかなり動揺したようです。

私もEddieにRedsに連れて来て貰った訳で、おそらくEddie's childですが、今回のEddieの判断は少しやりすぎかと思う反面、プロコーチとしては当然の選択であり、何とも言えない心境です。

Eddieはもう2度とOZでは仕事をしたくないと言っているだけに、その言葉を行動で示したと思えば良いのでしょうか!?

やはりEddie Jonesの評価はOZ以外では高いようです。
[PR]
by satoru_otsuka | 2007-08-07 08:03 | ラグビー
<< Happy wedding Boot Camp >>