Getting better and better

いつもながら、のんびりしつつ何処か緊張感のあるSuper14の試合前。

初めてスターターの選手はかなり早く来て、緊張を顔に出しながら試合への準備をし、ベテランやコーチはいつまでも笑ってリラックスしている。

一人ひとりがそれぞれの方法で試合への準備をする。

ウォーミングアップが始まれば、誰が何かを言うこともなく全員が「ON」になる。
戦士である。

試合中のベンチは、日本では間違いなく協会の人たちに怒られるぐらい相手・レフリーを野次る。

そんな中にいられる自分の境遇を感謝した。

試合は、前半10分間はほぼ自陣の22mの内側。しかし、それをしのいだ。
その後、Redsの方に流れがきて2トライ。
f0097544_6134180.jpg

後半も同じような流れ、残り9分でダメ押しトライを取って、昨日まで全勝で首位を走っていたSharksに勝った。
f0097544_6174227.jpg

メディアはUpsetって言いそうだけど、Reds boysたちは着実に力をつけている。
今回の勝利でまた、成長するはず・・・。みんな若いし!!

今シーズンのRedsはボールを動かす面白いラグビーをやっている。
証拠に観客もスタジアムに戻ってきている。
チーターズ戦が16000人、そしてシャークス戦が28000人。試合中に何度もウェーブが起こり、サンコープスタジアムを何周もした。

Sharksひいきの笛には容赦ないブーイングも起きていた。
ホームのアドバンテージも感じられた。これもまた、スポーツ。

写真はcouriermail HPより引用
[PR]
by satoru_otsuka | 2009-03-15 06:17 | QLD Reds
<< welcome to Tokyo koala >>